ウィル キャピタル マネジメント社は、意志(will)をかたちにし、資本(capital)を最大有効化するプロフェッショナル・サービス・ファームです。

クールジャパン事業開発

クールジャパン事業開発 「新たな挑戦のスタートラインへ」

株式会社チーム クールジャパン

 ウィル キャピタル マネジメント社創業者の古我知史は一(いち)インキュベーション・キャピタリストとしてゼロベースから再挑戦すべく、新たな事業開発のテーマ「クール・ジャパンのライフスタイル事業開発」に取り組むことを決意、着手、実践しております。

クール・ジャパン・ライフスタイル・インキュベーションの戦略趣意とは?

基本宣言: 「日本の国際化を越えて、世界の日本化を実現したい!」 ~志と夢を共有する企業と起業家の苗床になる~
成長源泉:中産階級勃興のアジア広域内需
事業分野:日本的ライフスタイル革新を持つ消費者向け事業およびその支援事業(プラットフォーム等)
育成対象:創業ベンチャー、地域資源、事業法人のカーブアウト、事業継承、リビングデッド再編集
以上を骨格として取り組んでまいります。

設立宣言

 戦後、日本は貿易立国として、世界に冠たる製造業王国を築いてきました。資源に乏しい我が国が、原材料を輸入して知財製品に加工し輸出することで、他国の追随を許さぬGDPナンバー2までの経済的地位を確立しました。しかし現在の我が国は、従来産業の構造転換の遅れや個別企業の国際的な競争力の低下に加え、国内消費の減退やデフレ化の進行など、経済全体として成熟停滞期に入っています。
 今、世界経済と製造産業構造のパラダイムが大きく転換する中で、我が国は、製造業のみならず、ライフスタイル系の産業の革新、つまり衣食住やソフトコンテンツ・サービスのビジネス・モデル向上や、知財・人材資源の積極的な収益事業化、そして世界市場への進出に、挑戦する時機が到来しています。
 幸いにして我が国は地政学的に特殊で、また豊かな自然と四季に恵まれることにより、2千年の歴史を紡いで、独特で個性ある文化、思想、価値観を醸成してまいりました。向こう20年で、日本経済を構成する付加価値生産の過半数は、この日本の歴史土壌が育んだ無形資産やブランドエクイティに依拠することになると考えます。
 まさに時を射て、政府・経済産業省でも、ファッション、食、コンテンツ、地域産品、すまい、観光といったクリエイティブ産業の発展を図るべく「クール・ジャパン官民有識者会議」提言がとりまとめられ、2011年夏より本格的な取り組みを開始、小職も微力ながらお手伝いをして参りました。

 「日本の国際化を越えて、世界の日本化を実現したい」、とここに宣言いたします。

 我が国の埋もれた知財や人材、思想や価値観をビジネスモデルや事業に仕立て上げます。そして近視眼的な国内消費を第一義的目的とせず、アジアや世界の市場を広域内需ととらえたビジネス戦略構築と実践にチャレンジしたいと考えます。ミクロでの成長の萌芽促進が、我が国のマクロ経済構造を転換させるでしょう。

 「クール・ジャパン・ライフスタイル・インキュベーション」は、この志と夢を共有する日本企業と起業家人材の「苗床」となります。
 事業分野は日本的ライフスタイル革新を秘めた消費者向け事業およびその支援事業です。創業ベンチャー育成、地域資源の事業化、事業法人のカーブアウト、事業継承、リビングデッド再編集化などを対象とします。
 我々は、知財と経営人材の資質に重点を置いた目利きを行い、投資によるリスクマネーの供給、パイロットプロジェクトの展開と本格的マーケティングによって、スピードのある事業創出と成長を促します。

 本目的のために新たなファンドを設立します。
 1社ごとにオーダーメイドで創業チームと共に事業計画をつくり、マジョリティ投資によって主導的に支援とガバナンスを行う、事業創造型のファンドとして、我が国の事業創造サイクルに新たな良循環を促進することをお約束いたします。
 この志と夢に満ちたチャレンジに、多くの日本企業や起業家人材が、積極的に参画されんことを、心より強く願いたいと思います。

古我知史

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional