ウィル キャピタル マネジメント社は、意志(will)をかたちにし、資本(capital)を最大有効化するプロフェッショナル・サービス・ファームです。

ベンチャーファンドの実績

ベンチャーキャピタルファンドの実績 「事業開発・投資ファンドの組成・運用」

エス・ビー・アイ全異連事業創造ファンド投資事業有限責任組合(組合満了済み)

 株式会社損害保険ジャパン、全国異業種交流会の連合会(略称:全異連、メンバー企業数:全国60ケ所・3200社)(以上設立当時)、ウィル キャピタル マネジメント社の三者は、新たな手法Synergistic Buy Inを活用する、全異連メンバー企業を主たる対象としたベンチャー・キャピタル・ファンド(投資事業有限責任組合:損保ジャパンが有限責任組合員、ウィル キャピタル マネジメントが無限責任組合員)を創設することで2000年10月10日合意しました。特定の異業種交流会向けにこうしたファンドを創設するのは、当時では全国初の試みでした。
 本ファンドは、生活関連のスタータップ・アーリーステージのベンチャーを投資対象とし、資金提供のみならず、外部から調達する経営資源(人材・事業機能等)と有機的に融合=Synergistic Buy In=させることにより、創造的なビジネスモデルを構築することに挑戦しました。
 本ファンドの10年間に亘る事業開発の挑戦の成果として、スタートアップからの上場企業や直前企業を輩出し、純投資額の250%を超えるリターンを創出し、成功裏にクロージング致しました。

事業開発・投資ファンドの組成・運用

ウィル事業開発コンソーシアム(組合満了済み)

 2004年に投資ファンドと事業開発の仕組みを組み合わせたウィル事業開発コンソーシアム(正式名称:ウィル投資事業有限責任組合)を住友商事と連携して創設・運営をして参りました。
 本コンソーシアムでは「ライフスタイル提案型事業」とそれを支える機能ビジネスである「B2Cエンジン事業」を開発対象といたしました。停滞する日本経済を消費セクターを通じて刺激するべく、購買力の再生に繋がるような個性あるコンシューマー・サービス事業の開発・育成に挑戦してきました。
 本コンソーシアムには4つの特徴がありました。
① スタートアップ及びアーリーステージの創業期のベンチャーへ特化すること。
②ビジョンを共有し、事業モデルを最初から一緒に描いていくことで創業メンバーとの信頼関係を強固にしていく、実質的なハンズオンによる事業開発をすること。
③ ウィル キャピタル マネジメント社が実績を積んできた独自手法による事業開発力を発揮すること、即ち、
◇ 独自の業態開発アプローチ「Skimming Brand Creation」:大衆ではなく確実に顕在化し得る特定顧客セグメントを対象とした、個性的ライフスタイル・ブランドの創出を図るCRMマーケティング・業態開発アプローチ。
◇ 独自の事業育成手法「Synergistic Buy In」:お互いに長所を持つ事業機能や経営資源・スキルを組み合わせることで有機的なシナジー(相乗効果)を引き出すことを狙った事業開発手法。
④ 投資事業組合の仕組みを用いることで、コンソーシアムに参画する事業会社の新規事業開発、既存コア事業の強化を支援すること。
 本コンソーシアムによる事業開発は運用期間中において、2008年のリーマンショックや2011年の東日本大震災、ユーロ危機を経験いたしました。ベンチャー市場の低迷する時期とも重なり、必ずしも満足する結果を全体として実現することはできませんでした。個々には、オリジナリティに溢れるライフスタイル提案型の複数の成功事例となるベンチャーを輩出し、全体としては新たな職種や専門家の1万人以上の雇用創出のすそ野を広げることに寄与できました。2013年、ベンチャーの機運が再び盛り上がりつつある状況を横目に見ながらクロージングを致しました。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional